キャンプギア関連 レビュー

EF EcoFlow(エコフロー) のポータブル電源 RIVER Pro 720Wh購入者レビュー!キャンプや車中泊におすすめ!

マキタの扇風機も余裕で使用可能!

キャンプするのにあれば便利とわかっていたが、ずっと見て見ぬふりをしてきたポータブル電源を遂に購入。

 

 

購入するまでは、

たけぜん
・「今後もっと安くて容量が大きいのが出るはず」

・「電源が利用できるキャンプ場も多いので買うまでもない」

と思ったりしてました。

 

本記事ではこんなちょっとせこいキャンパーが、失敗のないように検討してEF EcoFlow(エコフロー)  のポータブル電源に決めた経緯と、特長や実際に使った感想を紹介します。
というわけで、本記事ではEF EcoFlow(エコフロー) のポータブル電源 RIVER Pro 720Whのレビューします。

 

EF EcoFlow(エコフロー) RIVER Pro 720Whの詳細を見る

 

 

EF ECOFLOWについて紹介

EF EcoFlow(エコフロー)  を紹介

EF EcoFlow(エコフロー)  は、人々の生活をより良いものにするためのクリーンな電力技術を開発する事を目的としています。 厳しい品質管理で高品質・低価格なポータブル電源でとても人気があるブランドです。

 

この記事でわかること

  • EF EcoFlow(エコフロー)のラインナップ
  • EF EcoFlow(エコフロー)  RIVERシリーズの特長
  • EF EcoFlow(エコフロー)  RIVER Pro720Wh レビュー
  • EF EcoFlow(エコフロー)の充電方法と充電時間の目安
  • 主な電化製品の使用目安時間
  • 他のポータブル電源との比較
  • 口コミから見るEF EcoFlow(エコフロー)の評価
  • EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Pro720Whのまとめ
たけぜん
EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proシリーズを見ていきます

 

EF EcoFlow(エコフロー) のラインナップ

出展:EcoFlow(エコフロー) 

EF EcoFlowのポータブル電源は、4タイプ。カラーは渋いブラックと新発売のクールなホワイトの二色展開

 

EF EcoFlowポータブル電源のスペック比較

 

イメージ
モデル EcoFlow RIVER Pro EcoFlow RIVER Max EcoFlow RIVER
バッテリー容量 720Wh 576Wh 288Wh
AC 出力 600W (ピーク1200W)
AC充電時間 約1.6 時間
サイズ 28.8 x 18.5 x 25.3 cm 28.9 x 18.4 x 23.5 cm ‎28.8 x 18.5 x 19.4 cm
重量 7.2 KG 7.7 KG 5 KG
保証期間 2年(口コミすると1年延びます)
価格(税込)
¥79,800 ¥63,800 32,780

※価格は2021年6月現在

3万代円から7万円代まで、用途で選びたい。

 

EF EcoFlow(エコフロー)の大きさ比較

ポチ
どのサイズがいいか迷う…
この投稿をInstagramで見る

EcoFlow Japan(@ecoflowjapan)がシェアした投稿

EFDELTAはサイズ的に我が家には大きかったため、容量でEcoFlow RIVER Proを購入しました。

 

 

EF EcoFlow(エコフロー)  RIVER シリーズの特長

他のポータブル電源とは違う、RIVERシリーズの特長

RIVERシリーズの特長

  1. 最大1,200Wの高出力
  2. 1時間で80%まで充電可能な急速充電機能
  3. 容量に不安がある場合は増設できる

 

1. 最大1,200Wの高出力

3万円代のRIVERも含めすべてのRIVERシリーズが、定格出力600Wで最高出力は1,200Wと他にない高出力でキッチン家電や女性が嬉しいドライヤーが使用できます。

1,000W以上の電化製品を使用できるポータブル電源は、価格が10万円を超えサイズもかなり大型になります。

たけぜん
キャンプや車中泊でドライヤーが使えるのが嬉しそうな奥さん

 

2. 1時間で80%まで充電可能な急速充電機能

1時間で80%まで急速充電できる「X-Stream充電テクノロジー」、私はこの機能が気に入って購入を決めました。

フル充電まで約1時間半ほどで完了します。(一般的なポータブル電源は8時間以上かかる)

 

3. 容量に不安がある場合は増設できる

我が家は、冬キャンの時に電気毛布2人分を使用したくてProにしました。
長期の旅行や車中泊などの使用で、もう少し大きな容量のモデルを購入すればよかったと思った時は増設できるので安心です。

 

EcoFlow RIVERに接続できる、専用エクストラバッテリーを接続すると、288Whから2倍の576Whに倍増。見た目も性能もRIVER Maxに!はじめRIVERを購入しておいてお財布に余裕ができたら追加で購入するのもあり!

 

私が購入した、RIVER Proには、専用の容量を720Whから1,440Whに倍増できるエクストラバッテリーがあります。RIVER Proと合体して、容量は1,440Whまで増やすことが可能!

Proを使って容量に不安があれば購入を検討します。

 

 

EF EcoFlow(エコフロー)  RIVER Pro720Whレビュー

たけぜん
購入したEcoFlow RIVER Proのレビューです

 

EF EcoFlow(エコフロー)  RIVER Proの外観

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proの正面は、液晶パネルと給電ポートと非常用のLEDライト。底面には四隅にゴムパッドがあり、安定して置ける。

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Pro右側上部のスリット部分はファン通気口の入口になっており、反対側にも空気の出口になる通気口がある、これにより効率的に温度上昇を抑えることができる。高出力のポータブル電源のため結構発熱するため、使用時は各面からできいるだけスペースを空けた方がいいのは他のポータブル電源同様です。

 

夜間の使用も安心の液晶パネルとLEDライト

LEDライトは普段必要ないけど、あれば便利な機能です。

 

各部の説明(公式サイトより)

詳しくは公式サイトEcoFlow(エコフロー) で確認してください。

 

充電ポート

  • USB‐A端子(3カ所)とUSB‐C端子(1カ所)
  • ACコンセント(3カ所)(AC使用時はスイッチを押してから使用)
  • シガーライターソケット(最大136W、13.6VDC、10A)

ポイント

  • USB‐Aは1カ所高速充電に対応(28W)
  • USB‐Cは最大100W に対応

 

EF EcoFlow(エコフロー)  RIVER Proの付属品

同梱物は以下の通り

  1. 本体専用AC充電ケーブル
  2. 専用車載充電ケーブル
  3. 専用ソーラーパネル充電ケーブル
  4. DC5521-DC5525 ケーブル
  5. マニュアル・保証カード

①に注目!筆箱のようなACアダプターを必要としないのも地味に嬉しいポイントです。

 

 

充電方法と充電時間の目安

出展:Amazon

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Pro充電方法は3つ、それぞれの充電時間の目安と合わせて参考にしてください。

入力ポート 充電時間(目安) 充電方法
DC入力 約2時間 付属の電源コードからの充電
約6.5時間 付属の車のシガーソケットから充電
約9-18時間 EF EcoFlowソーラーパネル 110W1枚使用
約4.5-9時間 EF EcoFlowのソーラーパネル 110W2枚使用
たけぜん
1時間以内に0~80%まで充電できるのは高ポイント!

 

 

 

主な電化製品の使用目安時間

出展:Amazon

 

EF EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源 RIVER ProAC定格出力が600Wで最高出力1,200Wに対応してます。

リモートワークで必須のノートPCはもちろん、冬のキャンプで使用したい電気毛布やキャンプで使用をあきらめていたドライヤーなどの電化製品の使用が可能です。

 

ポータブル電源で何時間電化製品を使用できるかの計算方法

ムサムサ
電化製品の使用目安時間がわかる方法教えて!

 

ポータブル電源で何時間使用できるかの目安を紹介

参考

ポータブル電源の電気容量(Wh)÷電化製品の消費電力(W)の計算式で求めることができる。

たけぜん
自分が使いたい電化製品の消費電力をチェック!

 

私が使ってる電気毛布で計算

電気容量720WhのRIVER Proで、消費電力55Wの電気毛布を使用した場合、720Wh÷55W≒13時間になり、目安で13時間前後使用できることがわかります。

 

created by Rinker
椙山紡織
¥2,720 (2021/07/24 07:03:44時点 Amazon調べ-詳細)
たけぜん
価格も安くおすすめの電気毛布です

 

 

他のポータブル電源との比較

容量が似たモデルを比較、参考にしてください。

イメージ
製品名 EcoFlow RIVER Pro ポータブル電源 708 SmartTap
容量 720Wh 708Wh 626Wh
出力 600W (ピーク1200W) 500W(ピーク1000W) 300W(ピーク500W)
充電時間 約1.6 時間
約5 時間 約8 時間
重量 7.2 KG 6.8 KG 6 KG
価格(税込) ¥79,800 ¥79,800 ¥66,000
たけぜん
充電時間が圧倒的に短い!

 

 

口コミから見るEF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proの評価

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのレビュー より

ファンの音が気になる
〈目的〉
用途によって評価は変わってくると思うので、私の場合は冬の雪山で車中泊をする際、就寝時に電気毛布(弱)を使いたいのでpro版を購入しました。

〈長所〉
コンセントでの充電が早いのは当たり前だが、シガーソケットからの充電も意外に早くて良き。定格出力は600W迄だが最大が1200Wなのは魅力的。質感高め、思ったよりコンパクトサイズ。自動電源OFF。取説及び、操作感や液晶の見易さは最高。

〈短所〉
充電時は良いがAC使用時にも常にファンが回る。車内で寝る時、かなり音が気になる。寒いのでファンが回る必要はないと思うのだが…、温度センサーが付いてないのだろうか。唯一にして最大の欠点。ほんとにうるさい。あと、評価には入れてないが寒い所で使用するとバッテリーの減りが異常に早い。リチウムイオンの特性上か、他社のポータブル電源を所有していないので比べられない。

〈結果〉
購入して良かった。お勧めできる商品でした。

 

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのレビュー より

 MacBook Pro 13inchで使用
屋外でパソコンを使うことが多いので購入しました。
主に愛用しているMacBook Pro 13インチは61WのACアダプターなので
MBPをUSB-C to USB-Cケーブルで接続して、
Wi-Fiルーターなどの周辺機器もつないでも余裕で使えます。

他のポータブル電源との大きな違いは、まず充電時間が短くて
フル充電まで2時間掛からないし、なによりもとても小さくて
他社でいうと350wクラスの商品の大きさと同等だと思います。

内臓のLEDライトは常時点灯モード、点滅モード、
モールスでのSOS(- - - --- --- --- - - -)もあります。

付属のケーブルはシガライターからの充電や、
ソーラーパネルからの充電に使えるものが付属しています。

充電時の冷却ファンの音は静かで、あまり気になりません。

とても気に入ったので、もっと大きな容量のモデルと、
ソーラーパネルも買い足したいです!

かなりオススメです。

 

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのレビュー より

思ったより小型
こんな軽くてコンパクトなのに720Wh(720000mWh)という素晴らしい端末。ドライヤーや暖房器具とかは余裕で動きます。目的として屋外ので野外撮影、しかも夜に撮影するというモノです。1~2月のこの時期はかなり気温が下がってしまうのでそれに耐えられる耐熱性(冷気の方)が心配でしたが問題なく動作してくれました。その場での暖房、カメラへの給電、そういったモノは十分に耐えてくれます。

 

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのレビュー より

キャンプで大活躍
キャンプ用に大容量の電源がほしくて購入しました。充電がかなり速く1時間程度でMAXまで充電できるのは購入前のレビュー通りです。冬キャンプ用にホットカーペットを使っていましたが、これはホットカーペット側の使用電力が大きすぎて1時間ちょっとで電気を使い切ってしまいました。今度は消費電力の小さい電気毛布に買い換えます(製品のレビューと関係なくすみません。。。)。先日2泊のキャンプで複数のLEDランタンや携帯・ipad・子供のNintendoSWITCHの充電などに何度も使用しましたが、80%以上の電量が残っていましたので非常に便利でした。消費電力の大きい電化製品を使用しなければ十分な容量です。結構気温も低かったですが、問題なく使用も出来、使用時の稼働音もかなり静かです(使用時、ずっと「ブーン」とは少し鳴ってます)。

 

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのレビュー より

不親切
アプリの使い方をメーカーにメールしたが1週間しても何の返信も来ない

 

口コミをまとめると

良い口コミ

  • 充電時間が短くて良い
  • 長く使えそう
  • 口コミで保証期間が1年延びる

悪い口コミ

  • 冷却ファンの音がうるさい
  • サポートが不親切

 

たけぜん
まだまだ出始めのカテゴリーのため安定していない部分もありますね

 

 

EF EcoFlow(エコフロー)RIVER Proのまとめ

マキタの扇風機も余裕で使用可能!

キャンパー目線で言うと、夏は暑さ対策で扇風機を気にせず使用できて、冬は電気毛布を抑えめに使用すれば二人分使用できるのが良いと思います。

近頃は、災害も多いので一家に一台備えておきたいアイテムだと思います。

たけぜん
私は楽天スーパーセールで20%OFFの時に購入したので、お買い得な時を逃さないように!

この時使ったマキタの扇風機。ほぼ全開で使用したが電池残量を気にする必要はなし!

スノーピークとコラボした素敵なカラーの扇風機もどうぞ

 

各シリーズを紹介

専用のケースも購入したい

 

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

いきなり購入して失敗するのは嫌っ!って方や試しに使ってみたいかはレンタルという選択もあり!

 

Copyright © 焚き火オタク|TAKIBI OTAKU